2023年1月1日

2023年 所信表明

カテゴリー: お知らせ

新年あけましておめでとうございます。

 

皆様におかれましては、つつがなく新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 

さて、私は前会長・斎藤繁喜氏より引き継ぎまして、本年よりデジタルジュエリー®協会の会長を拝命いたしました、倉迫 貴一と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

第四代会長としてデジタルジュエリー®協会の理念を体現すべく、微力ながら職務を全うしてまいる所存です。皆様からのご指導とご鞭撻のほどお願い申し上げます。

 

さて、2020年に発生した新型コロナウイルスにより私たちの生活は一変しました。以来3年間に渡って、感染拡大と縮小を繰り返し、先の見えづらい社会状況が続いてきました。卑近な例で恐縮ですが、私自身、2020年4月の最初の緊急事態宣言の時、未曾有の状況に今後の方針に悩み、打開策としてデジタルジュエリー®の取り組みを開始しました。3年が経とうとしている現在では多くのお客様にデジタルジュエリー®によるオーダージュエリーをご提供して喜んでいただいています。今回私たちが遭遇したコロナ禍は人類のデジタル化を否応なく進めたといえます。現在も依然、新規感染者は多いものの、感染対策の定着やウイルスの変異による重症化率の低下等もあり、コロナ禍で停滞を余儀なくされていた部分も少しずつ前進する力を取り戻しつつあります。

 

私たちデジタルジュエリー®協会はフラットな組織です。全国29社の会員企業それぞれが独立した組織であり、ピンチをチャンスと捉えることができる人たちの集まりです。デジタルジュエリー®協会の理念、「デザインと人を繋ぎ、フラットな世界を実現」これを実行する手段としてデジタルジュエリーを活用するという共通点を持っています。

 

デジタルジュエリー®とはただ3DCADと3Dプリンタの技術を習得すれば良いというものではないと考えます。もちろんこれらの技術の習得は不可欠ですが、これらの技術を使って、ビジネスとして成立させ、いかにお客様の要望を実現していくことができるかということこそが重要です。本年もデジタルジュエリー®協会では会員間で情報交換・切磋琢磨して、それらを高いレベルで実践してまいります。

 

2023年1月1日

デジタルジュエリー®協会会長 倉迫 貴一