2020年11月8日

宝石の玉屋 (北海道)

株式会社宝石の玉屋

 

〒060-0002
札幌市中央区北2条西3丁目1 敷島ビル1F

TEL:011-231-4517

営業時間 10:30-17:30(時短営業中)

定休日 日曜日、年末年始

HP www.houseki-no-tamaya.co.jp

ブライダルサイト tamaya-bridal.jp

リモデルサイト tamaya-remodel.jp

会社紹介

宝石の玉屋のストアコンセプトは「贈り物」。つまり、人生のさまざまな場面で喜びを表現するジュエリーを提供しています。

会社で毎日がんばっている自分に「ご褒美」の贈り物。運命の出会いで結ばれた二人に「ブライダルリング」の贈り物。

この世に尊い命を与えてくれたお母さんに「赤ちゃん出産ありがとう」、そして、長く連れ添った妻に「今までありがとう、これからもよろしくね」とアニバーサリージュエリーを・・・。

お客様それぞれの人生を陰ながら演出するお手伝いをさせていただきます。

【宝石の玉屋 オーダー事例】

[rpwe cat=”2629″ thumb_height=”100″ thumb_width=”100″]

2020年9月18日

クレアタナカ (東京都)

 

クレアタナカ 田中剛

住所 東京都三鷹市下連雀4-16-1ポンメゾン1階

TEL 042-243-4769

URL www.creatanaka.com

crea.tanaka.megame@gmail.com

営業時間 10:00~19:00

定休日 水曜日

三鷹駅南口 中央通り まっすぐ南下で7分

認定デザイナー「田中 剛」

東京三鷹で操業60年を迎えた「クレアタナカ」の田中剛と申します。

お客様の想い(アイデア)を取り入れたデザインのジュエリーをご提案できる様、努めていきます。

お気軽にお問い合わせください。

2020年7月6日

国内全エリアにデジタルジュエリー®のショップが誕生!

カテゴリー: newsall,お知らせ

2020年7月6日

報道機関各位

3Dプリンタ・3Dキャドを用いた

「最速40分!自由設計!思い通りのオーダーメイドジュエリー」

国内全エリアにデジタルジュエリー®のショップが誕生!

2020年7月、「デジタルジュエリー®」によるオーダーメイド受注販売可能な店舗が北海道から沖縄までの国内全エリアに誕生しました。

デジタルジュエリー®協会より認定を受けた店舗には、3Dプリンタが設置してあり、オーダーするジュエリーを事前に確認することができるため、思い通りのオーダーメイドジュエリーを制作することが可能です。

ジュエリーを購入する場合、一般的には、店頭に並んでいる既製品の中から、お客様が自分の好みに近いものを選んで購入します。オーダーメイドにより製作をする場合、思い通りのジュエリーが完成するかの不安や価格が高額になってしまい、なかなか手が出ないのが現状だと思います。また通常のオーダーメイドでは、製作に早くても1ヶ月~2カ月程度の日数がかかりますし、思ったようなイメージに仕上がらないこともあります。

そこで、「デジタルジュエリー®」によるオーダーメイドは、

  • 3DCADを活用して、お客様の好きなデザインがその場で製作できます。
  • 3Dプリンタを活用して、40分程度で、樹脂で製作されたサンプル品ができ、実際の製品の厚みや形状、試着感を確認することができます。
  • Zoomなどオンラインでのご相談も可能ですので、お客様と非接触でのジュエリーのオーダーメイドも可能です。
  • 商社・ブランドメーカーなどの流通経路を通さないことで、既製品以上の適正価格で提供できます。

デジタルジュエリー®協会

会長 齋藤 繁喜

===========================

★北海道ブロック

札幌市  宝石の玉屋(準備中)     https://www.houseki-no-tamaya.co.jp/

★東北ブロック

山形県  ベルティーサイトウ      https://www.verty-saito.jp/

福島県  ジュエリーオースカ(準備中)  https://www.jewelry-osuka.com/

★関東ブロック

神奈川県 市川宝石店          http://www2.gol.com/users/bluedia/

     ディアレスト                https://www.j-dearest.com/

千葉県  サンビジュウ               https://st-bijoux.jp/

東京都  セキクリエイト              http://minakos.jp/conpany/

     デジタルジュエリー®秘密基地  https://blog.djf.jpn.com/

     ジュエリーハナジマ(準備中)   https://www.8740.jp/

     クレアタナカ(準備中)  https://www.creatanaka.com/

埼玉県  ジェムストーリー(準備中)  https://www.gemstory.com/

★中部ブロック

静岡県   グランベルク         https://gluck-gb.com/

★北陸ブロック

福井県   カイドージュエリー      http://www.kaido-co.jp/

★近畿ブロック

大阪府    オゥドゥビッシュ (準備中)  http://www.oeildebiche.jp/

★中国ブロック

山口県   はまの宝石

岡山県   エイコー堂(準備中)         http://www.eikodo.co.jp/

広島県   コウキ倉迫(準備中)      https://www.kouki-kurasako.com/

★四国ブロック

香川県   ジュエルエファーナ          http://ephana.com/

愛媛県   松本真珠(準備中) https://www.matsumotopearl.com/

★九州ブロック

佐賀県    うれしの金賞堂             https://www.u-kinshodo.jp/

福岡県    カリス                    https://www.charisnet.com/

長崎県    山之内時計眼鏡店(準備中)  https://yamanouchi-shimabara.com/

大分県   ジュエリー工房edén(準備中)   https://note.com/jwlrystd_eden/

鹿児島県   前田時計店(準備中)       http://maedatokei.com/

★沖縄ブロック

那覇市    リ・ジュエリーエイブル(準備中)http://able-houseki.okinawa/

2020年4月25日

認定デザイナー「寺前 公恵」

デジタルジュエリー®協会認定デジタルジュエリーデザイナー

カイドージュエリー 寺前 公恵

ジュエリーには思い出を蘇らせる力があると思います。

「2人でデザインをした結婚指輪」
「初めて自分に贈ったペンダント」
「お母さんの宝石を使って作った指輪」

何年、何十年経ってもそのジュエリーを見るたびに幸せを感じて頂きたいと願います。

お客様の大切な思いをジュエリーに込めるお手伝いをさせて頂きます。
どうぞお気軽にご相談ください(^^)!

カイドージュエリー(福井県)

創業者のバカ真面目な思いを100年受け継ぐ店、
カイドージュエリー

大正5年創業。

老舗としての歴史に驕らず、頂いている信頼に応えるべく正直な商いを心掛けています。
デジタルジュエリー®︎により、さらにお客様の期待に応えられるよう日々挑戦を続けています。

地元・福井のみならず、全国からご相談を頂いております。
LINEからお気軽にご相談ください♬

日本リ・ジュエリー協議会会員
リモデルカウンセラー1級
古物商許可

〒910-0006
福井県福井市中央3-1-17
(JR福井駅西口から徒歩7分)

10:00am〜6:00pm(木曜定休)

0776-24-1234

https://kaido-co.jp/

love@kaido-co.jp

 

【カイドージュエリー】オーダー事例

[pt_view id=”118932bgp4″]

2020年4月17日

新型コロナウィルス時代の デジタルジュエリー®プロ講座

カテゴリー: お知らせ

新型コロナウィルス時代の デジタルジュエリー®プロ講座

 

新型コロナウィルスが世界を揺るがしております。 2020年4月16日 日本全土に緊急事態宣言が発令され 移動ができない状態です。

また実際は新型コロナウイルスの終焉がなかなか見えない状況でもあります。

 

そこで 基本マンツーマン18回で行ってきましたデジタルジュエリー®プロ講座ですが

新型コロナウィルス対策として 下記方法に変更いたします。

 

1・テキスト・動画を使った自主学習 (講師の旅費・宿泊費が削減になり経費メリット大)

2・質問は随時 Lineからお願いします。(何度でも可能)

その内容で ZOOMを使った講習・動画をLineで送るサポート ・AnyDeskを使った遠隔操作等の適切な方法で 疑問解決を図ります。

3・また あらかじめ日時を決めて 2時間程度 ZOOM  or  AnyDeskともLine電話を使っての授業も可能です。

4・テキストにあるデザインをしたら メールにJGDファイルを添付してお送りください。 担当講師が添削アドバイスいたします。オリジナルデザインも可能です。

5・工場見学は ビデオをご覧いただく方法に変更します。(移動制限がなくなりお互い安全が確認されるようになったら 工場見学はいつでも可能ですのでお申し出ください。)

6・最初の受講日から 一月経ちましたら 卒業検定を受けることが可能です。

ZOOMを使い 1時間でテキストにある3デザインを仕上げていただきます。 デザイン性でなく理解度を図ります。 判定が不合格の場合 1週間後に再受験可能です。(合格するまで繰り返します)

7・合格すれば デジタルジュエリー®協会の 認定デジタルジュエリー®デザイナーに登録し、お店の情報も掲載します。

8・卒業後も サポートは続きます。卒業後オーダーを取ってからが本番です。

9・また移動制限がなくなり お互い安全が確認されるようになったら 卒業後でも 担当講師が1泊2日で訪問も可能です。(旅費・宿泊費をご負担ください)

●デジタルジュエリー®プロ講座で使用するパソコンを新調される場合はお気軽にご相談ください。
その場合授業で使用する環境:JCAD,nStyler,stl 修正ソフト、zoom/
anydesk(リモート操作アプリ)等 全てインストールした状態でお届け致します。
お手元に届けば各ケーブルを繋ぐだけで授業が受けられるようご自身でセットアップできます。

●3Dプリンタ(ノーベル1.0A )/2次硬化装置は動画で不安なく始められるよう解説いたしますが、 移動が安全に出来る時期になりましたら 必要であれば出向いてセットする事も可能です。(旅費・宿泊費をご負担ください.また

★これからはオーダーでもリフォームでもオンラインでの受注が出来なければ生き残れない時代です。 新型コロナウィルスが終焉し移動制限がなくなるまでお持ちいただくことも可能ですが、すばやくデジタルジュエリー®デザイナーでデビューをされることの方がビジネスにつながると思われます。

困ったことなど 随時 相談にのりますので 安心して学びプリントアウトを実践してください。

 

デジタルジュエリー®プロ講座 講師     佐藤善久  zen@djf.co.jp

大山剛    info@ephana.co.jp

 

2020年2月27日

デジタルジュエリー®実践会 開催3月!

デジタルジュエリー®実践会 開催!

ジュエリーCADと3Dプリンタを掛け合わせジュエリーリフォームオーダを素早く確実に受注するための実践会です。

新型コロナウイルスが大きな影響を出している今、お客様は外出も控えることになってきます。

これまで出かけて行った外商がニッチモサッチモ動きが取れない…。

こういう時にはショップにいながら攻めの方法を生み出さなくてはなりません。

じっとしている事も有りだと思いますが、まだどこも取り入れていないデジタル手法を学んでみるのも手だと思います。

 

リフォームはカタログから選び他店と差別化が出来ない。

出来上がりのイメージがしにくい。

出来上がりに不安がある。

出来上がりとイメージが違う。

ジュエリーリフォームにおいては少なからず問題が潜んでいるものです。

 

今回ご紹介する

「デジタルジュエリー®実践会」は冒頭のご説明のように

不安を取り除き、安心を武器にするジュエリーリフォームオーダを素早く確実に受注するための実践会です。


ーデジタルジュエリー®実践会 開催!ー

【日時】3月3日/10日/17日 それぞれ火曜日開催 ➀10:00~12:00 ②13:00~15:00

【場所】香川県高松市今新町7-8 美術館通り;(株)エファーナ

【TEL】087-823-2280

【定員】5 名(1名でも開催します。)

【参加費】無料 ※要予約

下記のお問い合わせフォームにてご記入くださいませ。

↓↓↓↓↓

ー内容ー

●デジタルジュエリー®について。

●ジュエリーCAD:JCAD3(純日本製ジュエリーCAD)について。

●3Dプリンタについて。Nobel1.0A/Da Vinci jr(XYZ社)

●オーダーや顧客とのやり取りの方法。

●ジュエリーデザインの仕方

●3Dプリンタの使い方。

●SNSへの発信の仕方。

●デジタルジュエリー®プロ講座

●質疑応答

※実際にジュエリーCADで指輪をデザインし、3Dプリントします。

 


急速に広がりを見せているデジタル化はジュエリー業界でも見逃せなくなってきています。

ジュエリー製作に3Dプリンタ/3DCADを用いる小売店はまだ少数派ですが、世に出ている

ジュエリーの7~8割はもう既に3D-CADで作られていると言われています。

一部の工場においてオペレーターが扱っているデジタル機器こそクライアントの前で操作する

ことでさらに発揮する技術です。

その昔、アップル創始者スティーブジョブスがIBMに対抗するためにゼロックスの研究所で見た

「マウス」の技術に目を向け開発パソコンに実装した経緯こそ同じ事例です。

今後10年、20年先のジュエリービジネスを考えるならば、デジタルを総合的に取り入れることのみ

が最優先課題じゃないでしょうか。 店頭での接客で3Dのデザイン画や、1時間ほどの接客中に

3Dプリントしたり、究極はバーチャル試着で商談成立になればどうでしょう。

お客様は新しい提案や斬新な事に敏感で、不安のない安心できるジュエリーリフォームにきっと興味を

持ってくれるはずです。

オーナー自らが自由自在に操れる小売店はまだ少ない今だからこそ、熱意と労力を注ぎ込むに値する

デジタルジュエリー®の技術を紹介したいと思っています。

これからのジュエリービジネスに無視できないほどに大きくかかわってくるデジタル。

今起こっている最新のデジタルジュエリー®手法にふれる機会です。

どうぞお気軽にご参加いただけます。

2020年1月1日

会 長 所 信

会 長 所 信

2020年1月1日
デジタルジュエリー協会
会長 齋藤 繁喜

新年明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては、輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。また、旧年中はひとかたならぬご厚情をいただき誠にありがとうございました。

私は、2020年度よりデジタルジュエリー協会会長の職をお預かりいたします、齋藤繁喜と申します。どうぞ宜しくお願いいたします。第3代会長として、デジタルジュエリー協会の理念を胸に、魂を焦がして職務を全うしてまいる所存でございます。皆様からのご指導とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。
さて、ご存知のとおり、デジタルシフトにより我々の生活は大きく変わってきています。2007年に初代アイフォンが発売し、スマホの登場によって人々の生活は大きく変わりました。電車やバスでの移動中もネットにアクセスし、情報を検索したり、動画を見たり、地図で行先を探したり、お財布替わりにもなってきました。皆様もあらゆる場面で自分も含めた周りの人々を見回して、スマホを見ていない人を探す方が難しいことを実感していることかと思います。この変化は益々スピードを増し、更なる利便性を求めて変化し続けていくことを感じております。

 

変化にいち早く対応できる組織であるために

人々の生活が変わっていくと、その変化に対応するために企業は変革を求められます。この変化を一早く感じ取り、対応しているのがデジタルジュエリー協会であります。なぜ、デジタルジュエリー協会は、素早く変化に対応し続けることができるのか?その大きな理由には、組織体制があります。今、急成長を遂げている企業の多くは組織が従来のピラミッド組織ではなく“フラットな組織”です。従来の組織の多くはピラミッド型であり、トップから年初に方針説明を受け、機能的にその実現を目指していく形が多かったと思います。それに対して、デジタルジュエリー協会は、共通ビジョンのもと自発的に様々な可能性を秘めたプロジェクトが生まれやすい組織であります。協会に所属しているメンバーは、それぞれが一国一城の主であります。メンバー企業では、数多くのプロジェクトが存在し、その一つひとつが創意工夫された施策です。メンバー間での成功事例をはじめとする情報をシェアすることにより、さらに多くのプロジェクトが生まれやすい組織だからこそ、お客様からの支持を得る確度が高くなると考えます。

業界の新時代を牽引するプロフェッショナル集団として

“新しいものを恐れずに学ぶ”あなたは、決心して行動できていますか?デジタルジュエリーを自社の強みにするためには、3Dキャド・3Dプリンタの使い方は勿論ですが、これをどうジュエリービジネスに活かすかを学び、理解し、身に付け、行動する必要があります。3Dキャド・プリンタの操作だけであればどこでも学べます。しかし、一番重要なのは、「常にお客様の視点で見ることができ、感動体験が実現できるジュエリービジネスを展開できるか?」であると考えます。キャドの操作はできるけれども実践で役に立たないというお話を多く耳にします。デジタルジュエリー協会は、そのノウハウを学び、スキルを修得したメンバーがデジタルジュエリーをフル活用して感動体験を提供し、お客様をどれだけ幸せにできるか、どれだけお客様のお役に立てるかを真剣に考えている新時代のジュエリー業界を牽引するプロフェッショナル集団です。

人任せにしない。トップ自らが率先して行動する

デジタルジュエリー協会のメンバーは、時代の変化を認識して自社の改革を決意し、経営者自ら学ぶ姿勢をお持ちの素敵な方ばかりが集っています。やはり、トップが自ら率先して行動しているということが大切であると思います。どんな会社もトップは重責で、様々な案件に対応し、忙しいと思いますが、その中で時間を作り、人任せにせずに積極的に行動しているトップがいる会社は、どんどん進化していきます。トップが率先垂範で動くことは、決定スピードが早くなるだけではなく、組織に緊張感も生まれ全体的なスピードアップに繋がると確信しております。

結びに

私の好きな言葉に「知行合一」という言葉があります。中国明の時代、儒学者王陽明が、朱子学の大成者朱熹の先知後行説に対して唱えた陽明学の中心思想である「知行合一説」ですが、この言葉の意味は、“知識と行為は一体”だということです。そして、“真の知識は実践によって裏づけられていなければならない”ということを表しています。 実践することの大切さを知行合一から学び、私自身の人生のテーマとして常に意識して行動しています。
2020年度も協会に新たな仲間が多く加わります。デジタルジュエリー協会としても知行合一の精神を持って、新時代を勝ち続けてまいりましょう。以上、会長としてのご挨拶とさせていただきます。一年間、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

大山前会長挨拶

 

新年、あけましておめでとうございます。旧年中は関係者方々大変お世話になりました。

また、私たちデジタルジュエリー®協会のご理解と励まし深く感謝致しております。

さて、昨年は時代の節目である元号が平成から令和に変わり、それと同じく世の中の仕組みもガラリと変わることがたくさん起こりました。

あらゆる分野において創造的破壊が例外なく起きはじめ、デジタルデータ革命といわれる第四次産業革命は急速に浸透してきました。

身近なところでは決済アプリの躍進。

WEBサイト決済から現実世界への広がりは増税の背景もあり、近所の八百屋までデジタル化し利用できるようになったのは圧倒的な驚きです。

IT企業が銀行の分野へ進出した一例ですが、使い慣れたスマホを介してのこの決済は、より身近で受け入れられやすかったのでしょう。

巨大組織の銀行が取り組めないことがテクノロジーを持った異業種に勢力図を塗り替えられる事例でもあります。

新しい事や変化のできない企業は戦々恐々と今後の在り方や存在意義が問われて来る時代です。

そして、私が会長を務めさせていただいているデジタルジュエリー®協会も昨年は全国に多くの若手が仲間入りしました。

これまでのやり方に加え、店頭での圧倒的パフォーマンスに長けた技術として3DCADでデザインし、3Dプリンタで製作するデジタルジュエリー®を習得した仲間たちです。

デジタル化を武器に精鋭のジュエラー集団が結成できたことは私の自負するところです。

しかしデジタルの世界では常に、先鋭的な考え方を持った若い人材に引き継がなくてはなりません。

私は今年50歳。それを機に、第3代目デジタルジュエリー®協会会長として、山形県のベルティーサイトウ;斎藤繁喜氏へ打診し、快諾いただきました。

常に新しい情報を貪欲に取得し、アップデートする事また、変化のスピードに乗り遅れない

アフターデジタルで常にオフラインの無い時代に、デジタルジュエリー®としてさらに変革に挑む今、3代目へ引き継げることは大変うれしく思います。

パワフルで新しい考えを更なる進化に繋げ得る斎藤繁喜新会長を今後ともよろしくお願いいたします。

新年早々激動の変革が予想されますが、我々デジタルジュエリー®協会もデジタルテクノロジーで新しい価値を生み出してまいる所存でございます。

以上を持ちまして新年のご挨拶並びに抱負とさせていただきます。

今年も何卒よろしくお願いいたします。

2019年11月5日

デジタルジュエリーとオリジナルブランド「Gluck」のHP開設 <グランベルク>

静岡県浜松市 グランベルクが オリジナルブランド「Gluck」とデジタルジュエリーのホームページを開設いたしました。

https://gluck-gb.com

« 前ページへ次ページへ »